フェンスを活用しよう!プライバシー確保とセキュリティ対策に必須|House Renovation

フェンスを設置しよう

住宅のエクステリアであるフェンスの設置目的には、主に2つの目的があります。1つは隣地や周辺道路と敷地の境界を明確にすることです。これにより他者の視線を遮断して、プライバシーを守ることが可能となります。癒しのプライベート空間を確保するためにも、フェンスの設置をお勧めします。ただし過渡なフェンスの設置は息苦しいので、近所との付き合い方やライフスタイルを考慮して適切な高さやデザインのフェンスを選ぶと良いでしょう。
フェンスの設置にはもう1の目的があり、不審者の侵入防止や防犯効果が期待できる点です。さらに見た目を美しく仕上げることも可能ですので、外構としても、周囲環境の雰囲気と乖離しないように注意しましょう。様々なバリエーションがありますので、希望するデザインを選ぶことが可能です。ただし工事後に周囲に日照問題などで迷惑をかけないか、しっかりとチェックすることが大切です。

フェンス設置に関するQ&A

工事後のトラブルを避けるには?

フェンス設置を事前に隣家に伝えたり、奇抜なデザインとなっていないか第三者の意見を参考にしたりしましょう。

フェンスの高さはどれくらいにすれば良いか?

フェンスが高すぎるのは気になりますので、目線を遮断する程度の高さにするのが望ましいと言えます。

風切り音が気になるケースでは有効?

フェンスの設置とで風切り音を防止することが可能ですが、専門家に相談することをお勧めします。

フェンス

侵入しにくい施設にする

施設に簡単には侵入できないようにするにはフェンスで囲うのが一番効果的であり、これをしないことにはほかのどんな対策も意味を成しません。侵入するのは犯罪者だけではなく、小さな子供や通行するお年寄りなども含まれており、そういった人たちが間違えて入ってこられないようにすることは大切なことです。間違って入ってしまった子供が敷地内でけがなどをしてしまうと重大な責任問題となり、その施設は周辺住民に信用してもらえなくなります。フェンスがあればそういった問題が生じることがなくなり、見た目もしっかりとしている印象になるので必ずフェンスで囲っていくようにしましょう。スチールなどのようなもの以外にも、木材を使用したものもあるので、施設のイメージに合ったものを選択していくとさらに効果的です。

外から見えるか見えないか

フェンスは金属製と木材などの天然素材を用いたものがありますが、それ以外にも外から見えるか見えないかの違いが存在しています。防犯のことを考えると見えないのが一番ですが、完全に外から見えない施設にしてしまうと周辺住民に無用な心配をさせてしまうでしょう。あえて外から見えるようにするというのもフェンス選びでは重要な選択肢となるので、施設のイメージをよく考えて種類を選ぶべきです。場所に合わせて種類を変えることによって、部分的にプライバシーの確保を図るのも、使いやすくていい施設になることでしょう。

業者選びの際に考えること

フェンスはそのまま販売だけしているというケースは少なく、設置工事も含めて見積もりを出してきます。そういった見積もりを出すだけであれば無料であることがほとんどなので、より安いところを探すならいくつかの業者を比較してみるのもいいでしょう。小さな敷地に設置するフェンスであれば問題ありませんが、大きな施設であれば必要なフェンスのカウも多くなり、費用もかさばっていきます。安さを追求することは重要なことなので、できれば見積もりを出してもらって、それを吟味していくようにしましょう。