ビル管理システムが有効?ビルの省エネ対策でコストを大幅カット|House Renovation
HOME>イチオシ情報>ビル管理システムが有効?ビルの省エネ対策でコストを大幅カット

ビル全体の省エネ化を目指そう

省エネ対策の効率化を進めるためには、ビル全体で対策を考える事が重要です。エネルギーの消費量の変動の様子が、時間帯によって異なったりエリアによって適正な対策を施したりする必要あるなど、省エネを包括的に考える必要があるからです。
エネルギーは、空調、給湯や照明・電気などが対象となります。省エネのためには、管理者が消灯や室温調整など個別に対応する方法がありますが、この場合の負担や労力が大きくなりますし、ビル全体に対しての効果の程度が測りにくいデメリットがあります。
そこでビル全体のエネルギーの効率化を図るために、設備の調整や全体の運用面から省エネ対策を行う方法が採用されます。これなら管理者の負担を軽減することが可能となり、システマティックに省エネ対策を行うこともできるので合理的です。その点、ビル管理システムを導入すれば、従来散在していた監視対象を一元管理できるメリットがあります。

ビル管理システムを導入検討中の企業からの質問

ビル管理システムで何ができる?

ビルの電力や空調、照明などの省エネ対策や、防犯及び防災設備を効率的に運用します。

オーバースペックにならないか?

管理点数の規模に合わせたラインナップの中から、適切なものを選ぶことができます。

小規模タイプのネットワークを構成できる?

中小企業向けに、集中管理するセンター装置を省略したシステムを構築することも可能です。

節電に大切なこと

ビル

持ち合わせているビルの省エネを考えて行動を起こしてみたいと考えているのなら、まずは全体で一体化した行動を行うことが大切です。フロアーによって違った対策を行うと省エネの効率化が下がってしまうため、しっかりと検討した計画を立てていきましょう。

短期行動よりも長期行動

ビルの節電など全体で省エネを行う際に必要なのは、長期間の計画の上で節電を行なって行くということです。例えば、毎日お昼休みは電気を半分消しておいたり、窓を開ければ対策できるような室温調整が行えるのであれば、毎日実行することが必要です。週に一度でも長期的に見ていけば効果的となるため試してみられるといいでしょう。電子機器は起動に多くの電力を利用するため、節電を考えるなら利用タイミングも考えて実行していきましょう。

一人一人の意識が大切

ビル全体の省エネを行なって行くのなら、個人で行動するよりも全体の意識改革を行なっていくことが大切です。ビルのフロアーごとに省エネに関するポスターを配置してみるのもいいですし、呼びかけをすることで、ビル利用者に意識させることができます。省エネを意識している方が多いほど節電の時間は伸びてきますし、そのための対策を実施する人も増えていきます。簡単な準備で対策できるため、検討してみられるといいのではないでしょうか。