ビル建設は省エネでエコとコスパの両方が可能|House Renovation
HOME>特集>ビル建設は省エネでエコとコスパの両方が可能

目次

マクロな視点でのメリット

ビルを新しく建てる際にはまず、設計書と図面の作成という段階で省エネを意識していかなければなりません。省エネ設計はビルを建ててしまってからではできないため、あらかじめ専門業者に委託して設計図を手直ししてもらう必要があります。自治体などから補助金が出るのですが、これは都市の運営というマクロな視点においてもエネルギー消費を抑えるためのものです。

二酸化炭素の排出量

昔はそうでもありませんでしたが、今は都市ごとのそう二酸化炭素排出量がきっちり定められており、ビルを建てる際には査察がかなり入ります。工場ほどでないにしてもビルはランニングコストが高くなりがちなので、適切な設計がなされているかどうかは建物の信頼に関わるのです。省エネルギー設計は専門家以外ができることはほとんどないので、工務店などの設計図が完成したらすぐに見てもらうようにすると効率よくビルが建ちます。

出費を抑えて設備投資

ビルを運営するにはどれだけ出費を抑え、設備投資によって快適な空間にしていくかが重要となってきます。それを実現するには省エネ設計をしてもらうのが最も効果的なので、そういった設計ができるところはビルのオーナーに人気のある業者です。年間での出費を抑えればメンテナンスも短い頻度で実施できるため、故障などが生じても早期に解決できます。そういった積み重ねをしていくことでビルは多くの法人に信頼され、その年において重要な建物になっていくのです。

冷暖房が快適な建物

省エネルギー設計は冷暖房の効率などをよくすることを重視しているため、出来上がったビルは非常に快適な建物に仕上がります。大抵の場合は消費をできる限り抑えるため全館管理されてしまいますが、夜間や冬場などの余分な消費もないので、オールシーズン快適です。